通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 薬学 > 薬剤 > 成分・薬効分類 > 循環器官用薬(21) > 利尿剤(213)
利尿薬
辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:りにょうやく
外語:diuretics
品詞:名詞

利尿作用のある薬剤のこと。「利尿剤」ともいう。

目次
概要

人間も含め高等動物では、体内では必要に応じて利尿ホルモンが作られる。これと同等の機能を有する薬剤を、利尿薬という。

尿排泄することによって血液量が減り、延いては血圧降下の作用もある。

臨床では合成のものが使われるが、ごく自然にも植物の成分に利尿作用のあるものもある。例えば、コーヒーの成分であるカフェインに利尿作用があることはよく知られる。

特徴
適応

この種の薬剤が適用されるのは、もっぱら心不全などに伴う「浮腫」(むくみ)の治療である。細胞間質に過剰に体液が貯留したものを浮腫といい、排尿を促してこの浮腫を減らすことを目的とする。

また、中毒物質の速やかな排泄を目的とし、尿量を増加させるために利尿薬が用いられることもある。

副作用

副作用としては、強制的な排尿に伴って起こる電解質のバランスの悪化がある。

主な物質
分類方法

尿は、非常に複雑な経路で作られているが、どこかの経路の機構を操作することにより、尿量を増やす。

循環器官用薬として、薬効分類では次のように分類されている。

以下は、代表的な物質名を50音順とする。商品名は括弧で併記する。

その他食品等に作用があるものは、利尿作用を参照。

チアジド系利尿薬・サイアザイド系利尿薬

遠位尿細管において、ナトリウム(Na)や塩素(Cl)の再吸収を抑制することで利尿作用を示す。

高血圧症用の降圧薬としても使われている。

チアジド系類似薬

「非チアジド系」などと表示されているが、その作用が類似するもの。

ループ利尿薬

ヘンレ係蹄において、ナトリウム(Na)や塩素(Cl)の再吸収を抑制することで、強力な利尿作用を示す。

現時点においては、「利尿剤」とするものの第一選択薬とされている。

カリウム保持性利尿薬

遠位尿細管において、鉱質コルチコイドの一つアルドステロンの拮抗薬として機能する。

結果、ナトリウムの再吸収を抑制し、一方でカリウムは再吸収させ尿中への排泄を抑制することで利尿作用を示す。

浸透圧利尿薬

浸透圧利尿薬は、糸球体で濾過された後は再吸収されない。

尿細管中の浸透圧が高まるため、水分の再吸収が抑制されることで利尿作用を示す。

グリセリンでは、かつて「アミラック」というものもあったが、製造が中止されている。

炭酸脱水素酵素阻害薬

近位尿細管で、イオン(ナトリウムイオンNa+や重炭酸イオンHCO3)の再吸収を抑制することで利尿作用を示す。

緑内障、呼吸性アシドーシスなどの他、高山登山者が高山病予防に服用する例もある。

その他

これらの薬剤は、利尿剤としてより、他の目的で承認されている。

次のような「強心剤」も、腎血流量が増えるため、尿量増加が期待される。通常、これら薬剤では頻尿・多尿は「副作用」扱いとしている。

また、次のような「血管拡張剤」も利尿作用があり、利尿剤との併用を禁忌として添付文書に記載がある。

リンク
関連する用語
利尿
利尿作用
尿
カフェイン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic