通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > システム > 放送 > 画像放送(テレビジョン) > 信号・技術
通信 > システム > 放送 > 音声放送(ラジオ) > 信号・技術
セグメント (ISDB)
辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送技術編 (WBCASTT)
読み:セグメント
外語:segment
品詞:名詞

ISDB-TISDB-T SBにおける帯域の単位。

目次
概要

UHF帯では6MHzを13個に分割して約429kHz、VHF帯では4MHzを8つに分割して約467kHzである。

前者は地上デジタルテレビジョン放送で使われており、後者はディジタルラジオで利用するために設計された。

特徴
テレビ

ディジタルテレビでは、4セグメントでSDTV、12セグメントでHDTVが実現できる。

セグメントを一つだけ利用してテレビジョン放送をする場合、これを特にワンセグと呼ぶ。

1チャンネルあたり13セグメントあるため、HDTV放送をしていても1チャンネルあたり1セグメントが残り、もって常に本放送とは別にワンセグを行なうことが可能である。

ラジオ

ディジタルラジオでは、1ないし3セグメントで放送することが技術的には可能である。

1セグメントであればステレオ放送、3セグメント使えば5.1チャンネルサラウンド放送が可能である。

但し、地上デジタル音声放送の実用化試験放送が2003(平成15)年から東京圏と大阪圏で開始されたが、大阪圏で2010(平成22)年6月30日に、東京圏でも2011(平成23)年3月31日に終了し、実用化は見送られた。

リンク
用語の所属
ISDB
関連する用語
チャンネル
周波数
地上デジタルテレビジョン放送
ディジタルテレビ
ディジタルラジオ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic