通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電話 > 携帯電話 > 端末・製品名 > 北米 > アメリカ
電話 > 携帯電話 > 日本 > NTTドコモ > 端末
電話 > 携帯電話 > 日本 > au > 端末
電話 > 携帯電話 > 日本 > Softbank・旧Voda・旧J > 端末
iPhone 6
辞書:通信用語の基礎知識 無線電話端末編 (WTELMP)
読み:アイフォーン-スィックス
外語:iPhone 6
品詞:名詞

iPhoneの8機種目であり、そのうちの普通サイズの機種。同時発売の大型サイズ機種はiPhone 6 Plusである。

目次
概要

2014(平成26)年9月12日に予約受け付けを開始し、9月19日に発売された。予約開始初日だけで6/6 Plus合計で全世界で400万台を超える予約が殺到し、発売3日間で6/6 Plusの販売台数が合計1000万台を突破した。

日本では、NTTドコモauソフトバンクモバイルから発売されるほか、アップルストアでもSIMロックフリー版を販売する。

iOS 8採用が特徴。

iPhone 6とiPhone 6 plusは、ディスプレイと本体サイズ以外の仕様はほぼ共通。iPhone 6 Plusのみ光学手ぶれ補正に対応している。

CPUは、新開発の「A8」を採用。iPhone 5sA7と比して約50%パフォーマンスが向上したとしている。

特徴

カラーバリエーションはiPhone 5sと同じ。

仕様
価格

オンラインストアでのSIMロックフリー端末の価格は次の通り。

変更点
曲がる

iPhone 6や6 Plusは、薄すぎるためか、残念ながら手でも簡単に曲がる。

耐久性に問題があるため、お尻のポケットに入れて使うなどは止めた方がよい。

デザインのために強度を犠牲にするような製品とも言えるが、このような状況では、今後も防水機能などは期待出来そうにない。

通信仕様

通信仕様は、iPhone 6とiPhone 6 plusで同じなので、以下にまとめる。併記は対応するLTE周波数


モデル

3モデルが知られる。


A1549/A1522

北米向けは、ソフトバンクに買収されたSprint系と、それ以外とで大きく分かれており、Sprintモデルは日本のものと同じA1586/A1524である。

欧米向けのiPhone 6(A1549)とiPhone 6 Plus(A1522)が対応する通信方式とLTE対応バンドは以下の通り。


A1586/A1524

日本国内向けのiPhone 6(A1586)とiPhone 6 Plus(A1524)が対応する通信方式とLTE対応バンドは以下の通り。

LTEは、ドコモ、au、ソフトバンク各社がサービスを提供する2.1GHz帯(バンド1)に加えて、NTTドコモの800MHz帯(バンド19)と、KDDIの800MHz帯(バンド18)に対応する。

また、iPhone 5sではアジア向けとして別モデルとなっていたLTEバンドも統合されたため、日本で購入したものはアジア圏でも利用できる。

リンク
関連するリンク
http://www.apple.com/jp/iphone-6/
用語の所属
iPhone
携帯電話機
スマートフォン
関連する用語
iPhone 6 Plus

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic