通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 食品・調理 > 飲食物
ローヤルゼリー
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質・食品編 (NFOOD)
読み:ローヤルゼリー
外語:royal jelly
品詞:名詞

蜜蜂のうち若い働き蜂が分泌する物質。女王蜂の餌となる。「王乳」「峰乳」ともいう。

目次
概要

働き蜂が、食べた餌(花粉蜂蜜)から体内で生成して分泌する、乳白色でクリーム状の物質。

これは女王蜂用だが、他に類するものに「ワーカーゼリー」があり、これは将来働き蜂となる幼虫の餌となる。

特徴
女王蜂

女王蜂も働き蜂も同じ卵から生まれるが、孵化後の幼虫期にローヤルゼリーを食べれば女王蜂になり、さもなくば働き蜂になる。

女王蜂がまだ幼虫の頃は、女王蜂の部屋である蜂の巣の中の王台に蓄えられる。

女王蜂が成虫になった後も生涯にわたり働き蜂から口移しでローヤルゼリーを与えられ、ローヤルゼリーのみを食べ続ける。

栄養価

蛋白質が多く、他に、果糖葡萄糖などの炭水化物脂肪ビタミンミネラルを含む。

女王蜂唯一の餌ということからも判断できるように、蜜蜂にとっての「五大栄養素」を満たしているようである。

女王蜂になる成分

女王蜂になる蜂はローヤルゼリーしか食べず、働き蜂はワーカーゼリーの他は花粉や蜂蜜しか食べない。

従って、ローヤルゼリーの中に、なんらかの「女王蜂になる成分」が入っているだろうことは自明である。研究により、ローヤルゼリーに含まれる「ロイヤラクチン」が女王蜂への分化を誘導することが判明している。

用途

日本では、プロポリスとならび、蜂由来の健康食品や化粧品として市販されている。

リンク
関連する用語
蜜蜂
蜂蜜
プロポリス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic