通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語名・実装 > C系 > C++
ISO/IEC 14882:2011
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング言語編 (PTPROGN)
読み:アイエスオウ-アイイースィー-いちよんはちはちに-にーゼロいちいち
外語:ISO/IEC 14882:2011
品詞:固有名詞

ISO規格によるC++(ISO C++)であるISO/IEC 14882の第三版。俗に「C++11」と呼ばれる。仕様策定中は「C++0x」と呼ばれていた。

目次
概要

元々は2009(平成21)年までに標準化することを目標としていたため0xとした。しかし策定作業は紛糾・難航し、2009(平成21)年には間に合わなかった。それでも、仮称はそのまま維持された。

C++0xでは、Technical Report 1やBoost C++ライブラリに含まれている機能の導入が議論されていた。

特徴
コンセプト
拡張

主な拡張は次の通り(順不同)。

新予約語

主な新しい予約語は次の通り。

仕様変更の予約語

仕様変更や拡張が予定されている、既存の予約語は次の通り。

TR1/Boostとの差

標準仕様との名前重複を避けるため、Technical Report 1(TR1)は名前空間にstd::tr1、Boostは名前空間にboostを使う。

C++11は、これらの機能を導入する際、名前空間はstdとする。

実装
Microsoft Visual C++

Visual C++ 2010時点で、C++11の主要機能のうち「ラムダ式」「auto」「右辺値参照」「static_assert」「nullptr」「decltype」に対応している。

また、実装は完全ではないが、<unordered_map> <random> <tuple> <regex> などの新しいヘッダーが追加されている。

GCC

GCCでは、GCC 4.3からC++0x/C++11の対応を徐々に開始した。

GCC 4.8.x系列で、ほぼ全機能が実装されているようである。

clang/LLVM

clang/LLVM 2.9でC++0xに完全対応し、clang/LLVM 3.3でC++11の全機能に完全対応した。

リンク
用語の所属
プログラミング言語
C++
ISO/IEC 14882
関連する用語
標準C++ライブラリ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic