通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > OS > 仕様 > TRON
ITRON
辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:アイトロン
外語:ITRON: Industrial TRON
品詞:固有名詞

TRON仕様のオペレーティングシステムのうち、機械制御用のもの。

目次
概要

一般に、ファームウェアと呼ばれるソフトウェアの世界(産業機器)にオペレーティングシステム(OS)を提供することを主たる目的としている。

ITRONが想定するよりも小型の機器向けには、ITRONのサブセットとしてμITRONが作られた。以降、ITRONよりもμITRONの方が普及したため、μITRON3.0以降ではITRONがμITRONに統合され、現在に至っている。

また、Sun Microsystemsにより開発されたJava言語を用いたJTRONなども作られている。

特徴
沿革

トロン協会から仕様が公開された沿革は以下の通り。

カーネル

ITRONは「仕様」の名であり、特定の製品を表わすものではない。Linuxに対するLinuxカーネルように、ITRONカーネルといったようなものが提供されているわけではない。

公開されたITRON仕様に準拠するよう、おのおのにより実装されたオペレーティングシステムがITRON仕様カーネルである。カーネルは、半導体メーカーやOSメーカーなどから製品として出荷されており、確認されているだけでも数十種類がある。

仕様公開

ITRONはトロン協会により規定された仕様で、その内容は広く公開されている。

ITRONは「ゆるい標準化」を標榜し、あまり厳密な規定をしないことでカーネルを作りやすいように配慮した。このため様々なITRON仕様カーネルが存在するが、一方で、ITRON仕様カーネル間での互換性問題が生じた。

TRONはあくまで「仕様」を提供するものなので、実装方法は実装者に委ねられていた。従って実装によって仕様差が大きい、つまり同じ事をするにしても実装によって方法がまちまちとなる。

μITRON4.0からは「プロファイル」の概念を規定し、少し強い標準化をすることで互換性問題に対応することになった。

またソフトウェアの大規模化に対応するため、2002(平成14)年には、μITRON4.0仕様の拡張として、メモリー保護機能に対応したμITRON4.0/PX仕様が公開された。

実装

μITRONはあくまで「仕様」なので、この仕様に準拠した製品がある。知られる範囲では、次のようなものがある。

μITRON4.0の仕様書の時点で、トロン協会には、約35種類のプロセッサー向けに約50種類の製品が登録されているとされる。

利用例

日本において広く普及している。実際の利用例として、次のようなものが知られる。

伝説の不死鳥「はやぶさ」はじめ旧ISAS系の衛星の多くで使われている他に、カーオーディオ装置など様々な機器で広く使われている。

リンク
用語の所属
オペレーティングシステム
リアルタイムオペレーティングシステム
TRON
関連する用語
μITRON
ファームウェア
JTRON

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic