通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > OS > 製品/作品 > Unix > BSD > iOS
電子計算機 > ソフト > OS > 製品/作品 > 用途別分類 > スマートフォン向け
iOS
辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:アイ-オウエス
外語:iOS
品詞:商品名

Appleの携帯情報端末で利用されている、スマートフォン向けオペレーティングシステムおよびタブレット向けオペレーティングシステム。

目次
概要

OS Xからの派生であり、一時OS X iPhoneと呼ばれたのちiPhone OSとなったが、2010(平成22)年6月21日にリリースされたバージョン4.0からiOSと名を改めた。

具体的には、次のような製品で使われている。

他社へのライセンス提供などはしておらず、iOSは現在、Apple製品以外には使われていない。

情報
一覧表

日付は原則として米国時間。

バージョン1

iPhone OS 1は最初のバージョン。まずiPhone用としてリリースされ、1.1からiPod Touchも対応した。

バージョン2

iPhone OS 2はiPhone 3G向けにリリースされたバージョン。

バージョン3

iPhone OS 3。

バージョン4

iOS 4は、iPhone 3G以降、iPod touch第2世代以降用として登場したバージョンで、このバージョンからiOSの名になった。またApple TVでも採用されている。

これを著している時点での最新版でもある。

4.3以降は、iPhone 3GS/4以降、iPod touch第3世代以降、iPadシリーズ用となった。

4.4以降は、Apple TV用。

バージョン5

iOS 5は、iPhone 3GS/4/4S以降、iPod touch第3世代以降、iPad/iPad 2用として登場したバージョン。

以下は、Apple TV第2世代、第3世代用。

バージョン6

iOS 6は、iPhone 3GS/4/4S/5以降、iPod touch第4世代以降、iPad 2/iPad(第3世代)以降用として登場したバージョン。

2012(平成24)年6月11日(現地時間)に発表され、2012(平成24)年9月19日にリリースされた。

iPod touch第4世代ではiOS 7が提供されないことから、不具合修正のためにiOS 6.1.5の更新が行なわれた。

バージョン7

iOS 7は、iPhone 4/4S/5以降、iPod touch第5世代以降、iPad 2/iPad(第3世代)以降用として登場したバージョン。

2012(平成24)年6月10日(現地時間)に発表され、2013(平成25)年9月18日(現地時間)にリリースされた。

64ビットMPUであるApple A7に対応した、64ビット対応OSとなっている。

バージョン8

iOS 8は、iPhone 4S以降、iPod touch第5世代以降、iPad 2/iPad(第3世代)以降用。

バージョン9

iOS 9は、iPhone 4S以降、iPod touch第5世代以降、iPad 2/iPad(第3世代)以降用。

バージョン10

iOS 10は、iPhone 5以降、iPod touch第6世代以降、iPad 4以降用。

技術
機構

DarwinカーネルであるXNU(Machベース)の上に、各種のアプリケーションフレームワークが搭載されている。

iOS向けのアプリケーションを開発し配布することは可能だが、現行のiOS搭載製品にはJava仮想マシン等が搭載されていない。プログラミング言語としては、原則としてはObjective-Cを使用する必要があるが、普通のCや、C++も利用できないことはない。

バージョンアップ

かつては、iOSのバージョンアップにはPCが必要で、自力では出来なかった。

しかしこれは全く「スマート」ではないとの酷評は当然ながらあり、この問題はiOS 5から改善された。

アプリケーションとファイル

iOSは、セキュリティを理由として、アプリケーションはサンドボックス内に配置される。

サンドボックスとは、ファイル、環境設定、ネットワークやハードウェアリソースなどについて、アクセスをきめ細かく制限する機能である。iOSは、アプリケーションごとに個別のサンドボックスディレクトリーにアプリをインストールし、その位置を、そのアプリケーションとデータにおけるホームとして扱う。

つまり、iOSは原則としてアプリとデータが結びついており、フォルダーの階層構造といった概念を、見た目としては持っていない。

WindowsやAndroidにはあるファイルエクスプローラーなどのファイルシステム管理ツールがiOSにないのは、そのような理由による。

ちなみに、無料版で幾つかのデータを持っていて、満足したので有料版に買い換え、といった場合も、異なるアプリとして扱われると、そのデータを共有することができない不便さもある。

操作

以降は、著している時点で最新の、iOS 6を前提として説明する。

壁紙

ケータイの場合「待ち受け画像」などと呼ばれていたが、iOSの場合はMacなどのパソコンやAndroidと同様、壁紙という。

従来はロック中の画面にのみ壁紙を設定することができた。iOS 4以降はホーム画面のバックにも好きな壁紙が設定可能となった。

Androidとは違い、iOSの壁紙は、ホーム画面を左右にスクロールさせても変化しない。

ボタン

iOSデバイスは、音量ボタンなどを除くと、操作に用いるボタンは二つ、「いわゆる電源ボタン」と「ホームボタン」がある。

アプリケーション起動中にホームボタンを押せばホーム画面に戻る。iOS 4以降であれば、この時アプリはバックグラウンドで動作しており、ホームボタンを2回押す(いわゆるダブルクリック)すると、画面下にマルチタスクバーが表示され、アプリの切り替えや終了が可能である。

いわゆる電源ボタン

いわゆる電源ボタンは、古くは「スリープ/スリープ解除ボタン」と呼ばれ、後に「オン/オフ ボタン」と呼ばれるようになったボタンである。

この電源ボタンを2秒間ほど押し続けると画面が黒くなり、赤い「電源オフ」のスライダーが表示される。このスライダーをスライドすると、電源がオフになる。オフ状態から電源ボタンを暫く押すと、電源が入り起動する。

他に、動作中に10秒間、電源ボタンとホームボタンを同時に押し続けると、デバイスは強制的にリセットされ、再起動する。OSがフリーズした場合には、この方法で再起動する。

マルチタスク機能

マルチタスクバー

ホームボタンを二回押すと表示されるのが、タスク切り替えの画面である。iOS 6までと、iOS 7からとでは、仕様がかなり変わっている。

iOS 6までは、マルチタスクバーと呼ばれ、アプリのアイコンの上でホールドすると、アイコンがぷるぷるし、左上に〓が表示される。この時、左上の〓をタップすると、そのアプリは終了する。意外とタップするべき位置がシビアで、面倒であった。

ホームボタンを一回押せば、ぷるぷるは終了する。

ホームボタンを二回押せば、マルチタスクバーが消える。


マルチタスキング

iOS 7からは、大幅に改善された。

ホームボタンを二回押すという操作性の悪さは相変わらず変わっていないが、マルチタスキングの画面では現在動作中のアプリのアイコンと画面が表示される。

左右にスワイプして、画面に出したいアプリを選ぶことができる。

終了させたいアプリは、画面を上に放り捨てるようにスワイプすると終了する。

ホームボタンを一回または二回押せば、マルチタスキングの画面は終了し、元の画面に戻る。

アイコンの並び替え

画面のアイコンの上でホールドすると、画面のアイコンを並び替えるモードになる。

画面全体のアイコンがぷるぷるし、左上に〓が表示される。この時、左上の〓をタップすると、そのアプリは削除される。アイコンをフリック&ドロップすれば、アイコンはその場所に移動する。

スクリーンショットの撮影

特に追加のツールなしで、スクリーンショットの撮影をする機能が存在する。

操作は、電源ボタンを押しながらホームボタンを押すだけである。写真を撮影した音が鳴れば成功。撮影された画像は、24ビットのPNG形式で保存され、写真(Photo)ツールの中に格納される。

標準で、電子メールTwitter、Facebookといったもので外に手動転送可能だが、iOSにDropboxがインストールされていれば、撮影後、自動的にDropboxにも転送される。

リンク
関連するリンク
iOS
用語の所属
オペレーティングシステム
スマートフォン向けオペレーティングシステム
OS X
Darwin
関連する用語
watchOS
iPhone
iOSデバイス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic