通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

安息香酸

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・食品添加物編 (NSUBNFA)
読み:あんそくこうさん
外語:Benzoic Acid 英語
品詞:名詞
2002/05/18 作成
2014/06/29 更新

有機酸(カルボン酸)の一つで、炭素環カルボン酸の一つ。

安息香酸やその塩である安息香酸ナトリウムは、保存料として使われている。

基本情報

  • 組成式: C7H6O2
  • 構造式: C6H5COOH
  • 分子量: 122.12
  • 密度: 1.3g/cm³
  • 融点: 122℃ (ICSC) (100℃で昇華し始める)
  • 沸点: 249℃ (ICSC)
  • CAS番号: 65-85-0
  • 化学名: 0103
  • 官報公示整理番号(化審法番号): 2-609

安息香酸
安息香酸

  • 外観: 白色結晶または粉末
  • 溶解性: に僅かに溶ける
    • 水への溶解度: 0.29g/100ml(20℃)

誘導体、関連物質の例

水溶液弱酸である。

酸化剤と反応する。

近年、清涼飲料水等にアスコルビン酸(保存料などとして使われる)と共に使うと、発がん性のあるベンゼンが生成することが分かったことから、使用には注意が必要である。

危険性

  • 引火点: 121℃ (密閉式)
  • 発火点: 570℃
  • 爆発限界: (該当資料なし)

有害性

  • 刺激
    • 腐食性: (該当資料なし)
    • 刺激性: 眼、皮膚気道を刺激する
    • 感作性: (該当資料なし)
  • 毒性
    • 急性毒性: (該当資料なし)
    • 慢性毒性: (該当資料なし)
    • がん原性: (該当資料なし)
    • 変異原性: (該当資料なし)
    • 生殖毒性: (該当資料なし)
    • 催畸形性: (該当資料なし)
    • 神経毒性: (該当資料なし)
  • 規制値
    • 一日許容摂取量(ADI): (該当資料なし)
    • 暫定耐用一日摂取量(PTDI): (該当資料なし)
    • 急性参照値(ARfD): (該当資料なし)
    • 暴露許容濃度(TLV): 設定されていない
    • 最大許容作業濃度(MAK): 設定されていない (DFG 2006)

環境影響

  • 分解性: (該当資料なし)
  • 蓄積性: (該当資料なし)
  • 魚毒性: (該当資料なし)
関連するリンク
ICSC 国際化学物質安全性カード
用語の所属
保存料
関連する用語
安息香酸ナトリウム

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club