通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

安息香酸ナトリウム

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・食品添加物編 (NSUBNFA)
読み:あんそくこうさんナトリウム
外語:Sodium Benzoate 英語
品詞:名詞
2002/05/17 作成
2014/06/29 更新

安息香酸のナトリウム塩。保存料の一つ。

基本情報

安息香酸ナトリウム
安息香酸ナトリウム

  • 外観: 白色の結晶状の粉末または顆粒で、無臭
  • 溶解性
    • 安息香酸の200倍、水に溶ける

誘導体、関連物質の例

酸型保存料の一つで、pHが低い(酸性)ほど効果が高い。微生物の呼吸酵素系を阻害することによって増殖を抑制し、食品等の腐敗を防ぐ。

細菌酵母には有効だが、(カビ)には効果が薄い。

農薬としても使われる。

製法

工業的には、フタル酸を分解して得られる安息香酸を炭酸ナトリウムで中和して得る。

含有する食品等

天然にも広く存在する。

クランベリー、すもも(プラム/プルーン)、の果実、笹の葉などに含有する。

笹の葉

隈笹(クマザサ)など笹の葉の成分中に、安息香酸や安息香酸塩が含まれる。このため、笹には防腐、殺菌作用がある。安息香酸が含まれることは近年の発見だが、この作用は古くより知られ、伝えられて来た。

寿司の下に隈笹を敷いたりするのは、この殺菌作用を活用するためのものである。その他、ちまき、笹だんご、笹もち、笹ゆべし、といった古くからの食品も、この笹の作用を用いて保存性を持たせたものであり、先人の知恵が生かされている。

危険性

  • 引火点: 100℃より上
  • 発火点: 500℃より上
  • 爆発限界: (該当資料なし)

有害性

  • 刺激
    • 腐食性: (該当資料なし)
    • 刺激性: 軽度に眼を刺激する
    • 感作性: (該当資料なし)
  • 毒性
  • 規制値
    • 一日許容摂取量(ADI): 0〜5mg/kg体重/日
    • 暫定耐用一日摂取量(PTDI): (該当資料なし)
    • 急性参照値(ARfD): (該当資料なし)
    • 暴露許容濃度(TLV): (該当資料なし)
    • 残留農薬基準: (該当資料なし)

ADIがなぜか厳しいが、実際の毒性は低く、安全性が高いことが知られている。

環境影響

  • 分解性: (該当資料なし)
  • 蓄積性: (該当資料なし)
  • 魚毒性: (該当資料なし)
関連するリンク
ICSC 国際化学物質安全性カード
用語の所属
保存料
関連する用語
安息香酸

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club