通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 路線名 > 大手私鉄 > 近鉄
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 路線名 > 近畿運輸局管内 > 奈良
奈良線 (近鉄)
辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道地理・近畿編 (RGEOK)
読み:ならせん
外語:Nara-Line
品詞:固有名詞

近畿日本鉄道の運行系統の一つ。

法律上の区間は布施駅〜近鉄奈良駅のみが奈良線であるが、大阪難波駅から近鉄奈良駅までの区間を運行系統として「奈良線」と呼ぶ。

目次
概要
起点・終点
路線
特徴
地形

次のようにバラエティーに富んでいる。

特に瓢箪山からの生駒山越えの区間は30‰超の連続急勾配が続き、高出力の電車が必要であった。

石切付近では標高が上がり大阪の町が見下ろせ、全国でも珍しく列車から夜景が見える。

八戸ノ里〜東花園で連続立体交差事業が進んでおり、これが完成すると大阪難波駅〜瓢箪山駅で一つも踏切が無くなる。

列車種別

現行の列車種別は、速い順に次のとおりである。

  1. 特急
  2. 快速急行
  3. 急行
  4. 準急
  5. 区間準急
  6. 普通
状況

特急は大阪難波駅〜近鉄奈良駅を平日は朝夕に通勤用座席指定列車として数本、昼は0本、休日は毎時1本ほどと、近鉄他線区に比べ少なめである。

特急、快速急行、急行の停車駅が各々2駅ずつしか違わない。特急と快速急行、快速急行と急行は互いに追い越しをせず、ダイヤのサイクルで同じような位置づけである。

全体として緩急分離ダイヤ的で、奈良側と東大阪の快速急行、急行などが通過する区間では利便性が悪い。

準急、区間準急と普通は緩急結合ダイヤ的である。

平日朝ラッシュ時には快速急行に女性専用車両がある。

1980(昭和55)年3月に関西私鉄では初めて10両運転を開始した路線で、土曜休日にも10両編成のダイヤが存在する。

朝夕ラッシュ時には大和西大寺駅で快速急行の増結を行なう。

生駒山、生駒山上遊園地やかつてのあやめ池遊園地、奈良など観光地を沿線に多く抱え、加えて特急が少ないという事情もありL/Cカー等を運行してサービス向上に努めている。

天理教祭礼時(おおむね毎月26日やその前後と1月4 ‐ 6日)には大阪難波駅〜天理線天理駅の急行を運転する。

乗り入れ

阪神電気鉄道

特急、急行以外の系統が大阪難波駅から阪神なんば線に乗り入れており、快速急行はおおむね神戸三宮駅〜近鉄奈良駅の区間を運転、それ以下の系統は尼崎駅〜大阪難波駅を乗り入れしている。

阪神の車両も近鉄側に乗り入れるが、阪神の方が車両長が短いのでホームでの扉位置の表示が複雑になっている。


京都市営地下鉄

京都線竹田駅で京都市営地下鉄烏丸線乗り入れをしているが、国際会館駅〜近鉄奈良駅の運行系統なので京都市交通局の車両が大和西大寺駅〜近鉄奈良駅に乗り入れる事になっている。

編成両数

普通、準急は6両編成で運転される。

急行は6、8両編成。休日は全て8両編成である。ラッシュ時は混雑しているが石切駅のホーム有効長が8両のためこれ以上増やすことができない。

快速急行は8、10両編成。朝夕ラッシュ時に大和西大寺駅ホーム上で2両の連結解放を行なう。

情報
接続する主な路線

区、準、急、快、特は、それぞれ区間準急、準急、急行、快速急行、特急の停車駅を表わす。

リンク
関連するリンク
えきから時刻表 奈良線
用語の所属
近畿日本鉄道
L/Cカー
関連する用語
奈良線 (近鉄路線名)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic