通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 薬学 > 薬剤 > 名称 > 中枢神経系用薬(11) > 精神神経用剤(117) > 抗鬱薬 > 三環系
トフラニール
辞書:科学用語の基礎知識 薬学・精神薬編 (BPHARM)
読み:トフラニール
外語:Tofranil
品詞:商品名

塩酸イミプラミンを成分とする第一世代三環系抗鬱薬。鬱病、鬱状態治療薬。遺尿症治療薬。

メーカーはアルフレッサ ファーマ、かつては、製造が日本チバガイギー、販売がノバルティスファーマだった。

目次
薬品の特徴

昨今はSSRISNRIが普及し、鬱病治療への利用が減った。

製品

10mg錠は薬品コード1174 006F 1078、識別コードCG209。薬価9.70円/1錠。

25mg錠は薬品コード1174 006F 2074、識別コードCG210。薬価11.60円/1錠。

効果・効能

鬱病の治療に用いる。

また、少量を昼夜の遺尿(夜尿症)の治療に使う。

用法・用量

鬱病・鬱状態治療

塩酸イミプラミンとして、通常成人1日25mg〜75mgを初期用量とし、1日200mgまで漸増し分割経口投与する。

300mgまで増量することが可能。

年齢、症状により適宜減量する。


遺尿症治療

幼児は1日量1錠(25mg)、学童は1日量1〜2錠(25mg〜50mg)を1〜2回経口投与する。

年齢、症状により適宜減量する。

成分・添加物

成分

添加物
規制区分
薬効薬理

脳内のセロトニン(5-HT)及びノルアドレナリン(NA)の神経末端への取り込みを阻害すると考えられている。

このため受容体刺激が増し、これが抗鬱効果となると考えられている。

剤形

錠剤は10mgと25mgがあり、共に灰赤色の糖衣錠であるが、10mg錠は三角、25mg錠は丸である。

風味等

不明。

名称の由来

不明。

注意点
副作用など
姉妹品・後発品

ゾロに次のようなものがある。

リンク
物質の特徴
抗鬱薬
三環系抗鬱薬
有効成分
塩酸イミプラミン
適用
鬱病
夜尿症
遺尿
関連する用語
SSRI
SNRI

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic