通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 植物界 > 被子植物門 > 新エングラー > 双子葉植物綱 > 古生花被植物亜綱 > コショウ目
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 植物界 > 被子植物門 > クロンキスト > モクレン綱 > モクレン亜綱 > コショウ目
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 植物界 > 被子植物門 > APGII > モクレン群 > コショウ目
胡椒
辞書:科学用語の基礎知識 生物名・植物編 (BBNP)
読み:こしょう
外語:pepper
品詞:名詞

コショウ科コショウ属の熱帯性の常縁蔓性低木。および、その実から作った香辛料。原産地はインドのマラバル地方(ケーララ州)とされている。

目次
情報
分類

▼はAPG分類法における階層で、従来の階級にないもの。

旧階層

古い分類法での階層構造は次の通り。


新エングラー分類法

クロンキスト分類法
種類

そもそも胡椒の実は、収穫時は緑であり、それが赤く熟す。実を乾燥させると黒くなる。

つまり同じ植物だが、収穫時期や製法により、胡椒の実は幾つかに分類される。

以下は、類似の別種の実が使われている。

ピンクペッパーは定義がなく、様々なものがある。

特徴
人気

爽やかな香りと鋭い辛味を特徴とする。

香辛料としては生産量ならびに消費量ともに第一位であり、料理には欠かせない香辛料の王様と称される。唐辛子、辛子(マスタード)と並んで世界三大香辛料のひとつとされ、また、クローブ(丁子)、ナツメグ(肉荳蒄)と並んで三大香料の一つともされている。

成分

辛味の主成分はピペリン、香りの主成分はモノテルペン

胡椒の辛味と香気成分は皮にあり、種の部分には香気成分がない。

加工

特に黒胡椒(ブラックペッパー)は用途が広く、様々な形で使われる。

産地

順不同。名前があるものは、産地にぶら下げて記載する。

上記が主要な産地であり、以下、次のような地域でも作られている。

日本に輸入されているものは、その殆どが、マレーシア・サラワク州(カリマンタン島北部)で作られたサラワク胡椒である。

マイナーだが、カンボジアはフルーティーな香りと辛味を持った高級胡椒の産地として、胡椒マニアの間では有名である。

メーカー

日本では、東日本はS&B(本社東京)、西日本はハウス食品(本社大阪)の製品がスーパーマーケットによく並んでいる。

GABANブランドの香辛料もよく見かけるが、胡椒についてはハウス食品のOEMである。

リンク
用語の所属
香辛料

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic