通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > OS > 製品/作品 > DOS > 関連語
RAMディスク
辞書:電算用語の基礎知識 計算機OS機能編 (TCOS)
読み:ラムディスク
外語:RAM Disk
品詞:名詞

メインメモリー(RAM)の一部を利用した、仮想的なディスクドライブのこと。

RAMではないがシリコンディスクのことを言うこともある。別項参照。

目次
利用目的

RAMディスクには、大きく二つの利用目的がある。

  1. 物理ドライブの代用
  2. 速度の向上
物理ドライブの代用

概要

その昔の日本のパソコンは、同じタイプのフロッピーディスクドライブ(FDD)が2台用意されていることが一般的だった(PC-8801PC-9800シリーズなどがその例である)。

そのため、アプリケーションもFDDが2台あることが前提で作られていることが多かった。

時は流れ、ノートパソコンハードディスクドライブ(HDD)の普及、パソコン自体の小型化が進み、オペレーティングシステム(OS)やアプリケーションはHDDにインストールされて利用されることが一般化しFDDの持つ役割は低下、結果としてFDDの搭載は1台だけとされたり、ノートPCでは外付け扱いされてしまい、場合によってはFDDが接続されていないという状況も生まれた。

しかし、それでは既存のFDDベースのアプリケーションは動かない。そのため、仮想的なディスクドライブを作成してFDDの内容をそこにコピーして利用するということが行なわれるようになったのである。


実現方法

コピープロテクト

フロッピーディスクに施されたコピープロテクトには対応していない。

これで涙を飲んだ人は数多い。

速度向上

高速なディスクドライブが必要とされる場合に、RAMディスクが用意されることも多かった。

いわゆるテンポラリにRAMディスクを用いることはDOS時代にはよく見受けられた。FEPの辞書をRAMディスクに複写することで、高速な変換をするような運用もあった。

ただし、現在ではメインメモリーの容量が桁外れに多くなったため、わざわざテンポラリファイルを出力せずとも、メインメモリーに確保した領域だけで事足りるようになってきた。

同じメインメモリーを使うのであれば、わざわざRAMディスクにする必要がなくなり、今ではこのような目的で使われることは殆どなくなった。

特徴
実現方法

RAMディスクには、大きく次の実現方法がある。

外部機器

RAMカード(RAMボード)をバススロットなどに追加し、これをRAMディスクとして使うような運用が、DOSの時代から存在した。

DOSの頃は、物理的なメインメモリー容量が少ない上に、ディスクドライブも遅かったため、このような需要が存在したのだと考えられる。当時は、DRAMではなくSRAMを使い、電池で内容をバックアップするような製品もあった。

最近でも、GIGABYTEのSDRAMを使用した製品「i-RAM」といったものもあり、一定の需要はあるらしい。i-RAMはPCIカードであり、PCIバスに差し込んで使われるが、実はPCIからは電源を取る(電源をOFFにしてもスタンバイ電流で内容を保持できる)ことと、カードの固定が目的で、実際はシリアルATAで本体と接続される製品である。

メインメモリーの一部を使う

MS-DOS

MS-DOSでは、このような運用が多かった。

古くはBMSEMSを利用し、これをデバイスドライバーを用いてドライブとして使った。

仮想86モードが動作するi386以上では、プロテクトメモリーがRAMディスクとして用いられ、MS-DOS 4以降ではこのデバイスドライバーが標準で付属するようになった。


FreeBSD

FreeBSDにも、メインメモリーをRAMディスクとして用いるデバイスドライバーがある。

/tmpのように、いつ消えても良いテンポラリ置き場をRAMディスクにするような運用も多い。


Linux

Linuxでは、ramfsやtmpfsといったカーネルモジュールが存在する。

リンク
用語の所属
ディスクドライブ
関連する用語
シリコンディスク
SSD

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic