通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 恒星 > 変光星 > 超新星
SN 1054
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名編 (USTLN)
読み:エスエン-いちゼロごーよん
外語:SN 1054
品詞:固有名詞

1054(天喜2)年に、おうし座に長期間に渡り輝き、全世界で観測された超新星。恐らくII型超新星と見られる。

目次
情報
基本情報
物理的情報
元の恒星
特徴

1054(天喜2)年に超新星爆発を起こした。元の恒星がどのような天体であったのかは、時代が時代だけに定かではないが、超新星自体は恐らくII型超新星だっただろうという予測(説)が存在する。

現在、同地点には超新星残骸(SNR)があり、中心部にパルサーとなった中性子星(16等級)、その周辺に爆発時に拡散したガスによる星雲が存在する。

この星雲が「かに」に見えた観測者がかつており、もって「かに星雲」と名付けられた。この経緯で、中心部のパルサーは、かにパルサーと呼ばれている。つまり、かに座にあるからかに星雲というわけではない。

この超新星残骸は、彗星観測家シャルル・メシエが「彗星に紛らわしい天体」としてまとめた天体リスト「メシエカタログ」の1番目(M1)に収録された。

リンク
用語の所属
超新星
II型超新星
おうし座
関連する用語
M1

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic