通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 言語 > 文字 > インド・ヨーロッパ語族 > ラテン文字
C
辞書:文化用語の基礎知識 言語・ラテン編 (LLNLA)
読み:スィー
外語:C
品詞:名詞

ラテンアルファベット第3字。大文字C、小文字c。ギリシャアルファベットに対応する文字はない。

目次
文字
用途

言語により様々な音素を表わす文字として使用される。

元々ラテン語では音素 /k/ を表わしたが、後に変化し、ヨーロッパの言語でも様々な使われ方をするようになった。大きくは、英語やスペイン語のように音価 [s] や [θ] を表わす流派と、イタリア語などのように音価 [tf] (チャ/チュ/チョに似た音)を表わす流派とに分かれる。

ギリシャ文字やキリル文字には対応する文字がない。なお、キリル文字のС/сは同形だが別字であり、ラテンアルファベットのS/sに対応する文字である。

呼称
主な用途
科学
通信
情報処理
文化・芸術
運輸・交通
その他
符号

電算処理では、次のような符号位置を使う。

C (LATIN CAPITAL LETTER C)
c (LATIN SMALL LETTER C)
C (FULLWIDTH LATIN CAPITAL LETTER C)
c (FULLWIDTH LATIN SMALL LETTER C)
関連する文字
ダイアクリティカルマーク
ダイアクリティカルマーク×2
その他
リンク
用語の所属
アルファベット
ラテンアルファベット

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic