通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 路線名 > JR > JR東日本
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 路線名 > 関東運輸局管内 > 千葉
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 路線名 > 関東運輸局管内 > 東京
中央線・総武線各駅停車
辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道地理・関東編 (RGEOT)
読み:ちゅうおうせん-そうぶせん-かくえきていしゃ
品詞:固有名詞

三鷹駅から御茶ノ水駅を経て千葉駅までを結ぶJR東日本の運転系統呼称の一つで、各駅停車で運行するもの。主に黄色い電車であるのが特徴。

目次
名称について

中央線総武線各駅停車なので、「中央線・総武線各駅停車」という。

東京近郊路線図(車内掲出版)では「中央線・総武線各駅停車」と記載されているが、JR東日本Webサイトの案内では「中央・総武線各駅停車」とも記載されている。社内での意見の一致が得られていないようである。

路線概要
起点・終点

JR東日本は「西行」「東行」という語を用い、「上り」「下り」を明言していないため、おそらく起点・終点という概念はない。

所属
路線の特徴
線路

中央本線の線路別複々線区間では主として中央緩行線を、総武本線の線路別複々線区間では総武緩行線を走行する列車である。

この路線は、御茶ノ水を境に西は中央本線、東は総武本線へと乗り入れされており、御茶ノ水から神田駅・東京駅へ行くためには、御茶ノ水で中央線快速に乗り換えねばならない。

総武本線にも中央本線にも線路には緩行線と急行線(快速線)があり、この路線が乗り入れている線路は、ともに緩行線である。従って、両者合わせて「中央・総武緩行線」とも呼ばれる。

接続する路線

以下、(ラチ内)はラチ内乗り継ぎ可能なことを示す。JR関係は全てラチ内、それ以外で記述の無いものは全てラチ外乗り継ぎとなるものを示す。

リンク
用語の所属
東日本旅客鉄道
中央本線
総武本線
関連する用語
中央線快速

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic