通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 路線名 > JR > JR東日本 > 本線制度
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 路線名 > JR > JR東海 > 本線制度
中央本線
辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道地理編 (RGEO)
読み:ちゅうおう-ほんせん
品詞:固有名詞

東京都と愛知県名古屋市を長野県塩尻市経由で結ぶ、JRの鉄道路線(幹線)。

旧国鉄の本線制度においては、中央線の一つであり、その本線となっている。現在では、中央線などの走る線路の名前と考えれば良い。

目次
路線概要
路線の情報
起点・終点
区間

国鉄時代は東京駅‐塩尻駅‐名古屋駅であったが、民営化を前に区間が変更され、次のようになった(詳細後述)。

かつての東京駅‐神田駅は東北本線に、代々木駅‐新宿駅は山手線に変更されている。

金山駅‐名古屋駅は東海道本線との二重戸籍区間となっている。

塩尻駅‐松本駅も、JR東日本は便宜上の扱いとして中央本線と呼ぶこともあるが、この区間は実際は篠ノ井線である。

所属

塩尻駅を境に、東側を「中央東線」、西側を「中央西線」と呼ぶ。中央東線はJR東日本、中央西線はJR東海に属する。

路線の特徴
特色

同じ東京駅発の東海道本線太平洋沿岸を走るのに対し、中央本線は内陸を走る。日本の中央を走ることから「中央本線」と名付けられた。

線路は概ね、甲州街道中山道沿いに走っている。

都心部は中央線快速のため複々線以上となっているが、それ以外は複線、また単線区間も多い。

長野県の諏訪湖沿いは単線になっているが、これは地元が「諏訪を通過されると街が廃れる」として複線化を妨害をしたためである。

路線区間の確定まで


現在では、「本線制度」は有名無実化しており、最近のJRの資料にはどこにも使われていない。いまJRが用いる「中央本線」という名は、慣用からの名に過ぎず、本線制度に基づく路線名ではない。

さて、この現在の慣用名としての中央本線は、東京駅‐塩尻駅‐名古屋駅を通して言うが、現存する中央本線で、かつ本線制度と一致する区間は、神田駅‐代々木駅と新宿駅‐塩尻駅‐金山駅‐名古屋駅となる。


国鉄分割民営化での動き

もともと中央本線は、東京駅‐塩尻駅‐名古屋駅であった。区間中に何ヶ所か二重戸籍区間が存在した。

国鉄分割民営化の際に、区間ごとの旅客輸送人員に基づいて路線の廃止を決定することになった。その際、ある区間が複数の路線に属する二重戸籍区間があると、同一の旅客や貨物を重複して数えてしまうことになる。

例えば、ローカル線の末端を旅客の多い幹線に重複させることにより、みかけの輸送量を増やし、廃止を逃れるようなことになれば問題である。よって、二重戸籍を解消することになった。

この時、東京駅‐神田駅は東北本線に、代々木駅‐新宿駅は山手線に帰属することになったため、中央本線の区間は不連続になった。

金山駅‐名古屋駅も二重戸籍区間だったが、当時、金山駅は東海道本線のみの駅で、中央線にはホームが無かった。このため金山駅‐名古屋駅の乗客は明らかに東海道本線の旅客であり、中央本線として数えられる恐れがないことから、終点は名古屋駅のまま変更されなかった。

JR化後に中央線金山駅が供用を開始したが、もはや二重戸籍を解消する必要がないため、終点は名古屋駅のままになっている。

路線の情報
駅の一覧

中央東線

東京都23区内

東京都・三多摩

神奈川県

山梨県

長野県

中央西線

長野県

岐阜県

愛知県
運転系統の情報

一覧表

他線への乗り入れが日常的にあるが、以下に記載する区間は中央本線該当分のみ。[]で囲んで表わした色は路線図に表示されている色で、車体の色ではない。


中央線各駅停車/普通列車

いわゆる鈍行であり、最も馴染み深いと考えられるものである。

起点から終点まで、中央本線を一本で結ぶ列車はない。特に、塩尻駅を境として中央東線中央西線を直通する定期旅客列車は一本も存在していないため、実質として、東西では別の路線だと言える。

列車は区間に分けられて運行されており、途中で乗り換えが必要である。

「普通」は、立川駅以西で設定されている中距離電車である。いわゆる各駅停車であるが、「中央線・総武線各駅停車」の各駅停車との区別のため普通と称されているようである。

接続する主な路線

ここでは、かつての本線制度を前提とした接続状況を記している。

現行の運転系統で駅ごとの接続状況は、中央線の項を参照のこと。

主な橋
主なトンネル
主な峠
経由する自治体
東京都
千代田区新宿区渋谷区中野区杉並区武蔵野市三鷹市小金井市国分寺市府中市国立市 ‐ 立川市 ‐ 日野市 ‐ 八王子市
神奈川県
相模原市
山梨県
上野原市 ‐ 大月市 ‐ 甲州市 ‐ 山梨市 ‐ 笛吹市 ‐ 甲府市 ‐ 甲斐市 ‐ 韮崎市 ‐ 北杜市
長野県
諏訪郡富士見町 ‐ 茅野市 ‐ 諏訪市 ‐ 諏訪郡下諏訪町 ‐ 岡谷市 ‐ 上伊那郡辰野町(辰野支線のみ) ‐ 塩尻市 ‐ 木曽郡木祖村 ‐ 木曽町 ‐ 上松町 ‐ 大桑村 ‐ 南木曽町
岐阜県
中津川市 ‐ 恵那市 ‐ 瑞浪市 ‐ 土岐市 ‐ 多治見市
愛知県
春日井市 ‐ 名古屋市
列車の情報

区間は、中央本線該当分のみ。

主な特急
主な車両

通勤・近郊型車両

特急車両
リンク
用語の所属
幹線
中央線 (本線制度)
東日本旅客鉄道
東海旅客鉄道
関連する用語
中央東線
中央西線
中央線 (JR)
東海道本線
総武本線
東京地下鉄

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic