通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 路線名 > 近畿運輸局管内 > 滋賀
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 路線名 > 近畿運輸局管内 > 京都
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 路線名 > 近畿運輸局管内 > 大阪
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 路線名 > 近畿運輸局管内 > 兵庫
東海道線 (JR)
辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道地理編 (RGEO)
読み:とうかいどうせん
外語:To^kaido^ Line
品詞:固有名詞

東海道本線を走る運転系統呼称の一つ。

目次
路線の情報
起点・終点
路線
所属
特徴
未定義

用語「東海道線」の定義は一義には定まらず、難しい問題である。

元々は本線制度における路線グループ名の一つであり、このうち本線制度の東海道線とは、東海道本線と周辺の支線を含めた総称であった。

現在の呼称「東海道線」の語源はこの制度だが、既に本線制度は廃止されている。結果として慣用語化し、元と意義の異なる用語となった。現在の「東海道線」の明確な定義は存在しない。

通称

東海道線は距離が長い路線であることから、地域によって、それぞれ異なるものを指す。基本的には東海道本線という線路を走る鈍行を言うが、区間ごとに独立して運行されるので、それぞれは路線名が同じというだけで、現実的には異なる路線である。

東京近郊で、通称ないし俗称として「東海道線」と呼んだ場合、東京〜熱海間の東海道本線の各駅停車をいうことが多い。

他の地域では、他路線との乗り入れなどがあり、終点の神戸付近では「東海道・山陽線」とし、京都から西明石までの路線として運行されていたりする。

路線の特徴
運転系統の情報

起点から終点まで、東海道線を一本で結ぶ列車はない。

列車は区間に分けられて運行されており、途中で乗り換えが必要である。特に、JR東日本/JR東海/JR西日本の各区間をまたぐ普通列車は全体からすると少数である。

1988(昭和63)年9月頃には、JR東海には熱海発→大垣経由→美濃赤坂行きなども存在していた。

接続する主な路線

東京都

神奈川県

静岡県

愛知県

岐阜県

美濃赤坂支線は、次の通り。

垂井支線は、次の通り。


滋賀県

京都府

大阪府

兵庫県
列車の情報
主な車両
かつての車両
リンク
用語の所属
東海道線 (本線制度)
東海道本線
東日本旅客鉄道
東海旅客鉄道
西日本旅客鉄道
関連する用語
東海道新幹線
アーバンネットワーク
新快速
東海
短い10両編成

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic