通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 路線名 > JR > JR東海 > 本線制度
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 路線名 > JR > JR西日本 > 本線制度
関西本線 (本線制度)
辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道地理・近畿編 (RGEOK)
読み:かんさい-ほんせん
外語:Kansai Line
品詞:固有名詞

名古屋とJR難波を奈良経由で結ぶ、JRの鉄道路線(幹線)。

旧国鉄の本線制度においては、関西線の一つであり、その本線となっている。現在では、関西線や大和路線などの走る線路の名前と考えれば良い。

目次
概要
起点・終点
路線概要
区間

今宮駅〜天王寺駅は大阪環状線との二重戸籍区間となっている。

所属
特徴
特色

名古屋から並行して西に向かう東海道本線は、名古屋から北上して関ヶ原、琵琶湖沿いを経て京都、大阪と走るのに対し、関西本線は概ね真っ直ぐ西へと向かう。

元々は民間鉄道の「関西鉄道」で、名古屋から奈良や大阪とを、ほぼ最短距離で結ぶ鉄道として開拓、当時の官営鉄道(官鉄、国鉄の前身)と壮絶な顧客争奪戦が繰り広げられた。関西本線の名も、もちろんこの関西鉄道に由来している。

開通から国有化まで

現在の関西本線相当の経路は、1900(明治33)年頃に完成している。

新型の蒸気機関車を使い、急行列車で5〜6時間程度で結んでいた。

その後は官鉄と無謀な価格競争が始まり、サービスと称して、団扇進呈に始まり、最後には弁当が付くに至るという、それはそれは、壮絶な戦いであった。

日露戦争が勃発して以降は価格競争も鎮静化、周辺の鉄道が関西鉄道と続々合併、更に、1906(明治39)年に公布された鉄道国有法により、1907(明治40)年10月1日に国有化された。

いま

名古屋と大阪間の線路距離だけなら関西本線の方が短いが、遠回りの東海道本線経由の方が早く着ける。

これは、国有化されても、かつての官鉄ほどには好待遇を受けることがなかったためで、結果関西本線の改善は進まず、遂に関西本線を使っての名阪間輸送は放棄され完全なローカル線して放置されることになった。

国有化直後は全線を通しての路線が走っていたが、後に運転区間は3分割され、JR化後は鉄道会社も二分された。

二社の境界を跨ぐ列車は、かつては急行「かすが」が存在したが、廃止されたため、遂に全区間を走る列車はなくなった。

なぜなら、実は関西本線はかなり長い非電化区間が存在する。このため、電車で全てを走ることができないのである。また、単線区間もかなり残っている。

情報
駅の一覧

→は支線の開始を表わす。支線は後に記載する。


本線

JR東海(名古屋〜亀山)

JR西日本(亀山〜加茂)

JR西日本(加茂〜JR難波駅)

支線(貨物線)

四日市〜塩浜

平野〜百済
運転系統

関西本線区間のみ記載。

接続する主な路線

ここでは、かつての本線制度を前提とした接続状況を記している(基本的には、本線グループ名または鉄道会社名→線路名→営業路線名、の順である)。

駅名が異なるものは、[]で対応するJRの駅名を併記。所要時間は徒歩約10分以内のみを記載する。

なお、貨物線駅については記載していない。

主な橋

愛知県

愛知県〜三重県

三重県

京都府

奈良県

大阪府
主なトンネル
主な峠

は無いようだ。

経由する自治体
愛知県
名古屋市 ‐ 蟹江町 ‐ 愛西市 ‐ 弥富市
三重県
桑名市 ‐ 朝日町 ‐ 四日市市 ‐ 鈴鹿市 ‐ 亀山市 ‐ 伊賀市
京都府
南山城村 ‐ 笠置町 ‐ 木津川市
奈良県
奈良市 ‐ 大和郡山市 ‐ 安堵町 ‐ 斑鳩町 ‐ 河合町 ‐ 王寺町
大阪府
柏原市 ‐ 八尾市 ‐ 大阪市
列車の情報

区間は、関西本線該当分のみ。

主な特急
主な快速
主な車両

特急車両

快速車両

通勤・近郊型車両
リンク
用語の所属
関西線 (本線制度)
東海旅客鉄道
西日本旅客鉄道
関連する用語
営業キロ
アーバンネットワーク

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic