通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 有機物 > 有機酸
フマル酸
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質編 (NSUB)
読み:フマルさん
外語:fumaric acid
品詞:名詞

有機酸(カルボン酸)の一つで、不飽和結合が1ヶ所(1価)の不飽和脂肪酸の一つ。

異性体マレイン酸がある。

目次
物質の情報

フマル酸は、果実酸として唯一、加熱すると昇華する。

フマル酸
フマル酸

常温常圧では無色の結晶性粉末で、臭いはない。

味は特異な酸味がある

誘導体、関連物質の例
物質の特徴

フマル酸はトランス型である。

異性体であるシス型マレイン酸は分子内水素結合により分子で輪を作るが、フマル酸は作らない。そこで丸を作らないため、俗に「不丸酸」と呼ばれる。

安全性

危険性

有害性

環境影響
リンク
関連するリンク
ICSC 国際化学物質安全性カード
用語の所属
カルボン酸
不飽和脂肪酸
関連する物質
マレイン酸
関連する用語
シス型
トランス型
昇華

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic