通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 有機物 > > 官能基・骨格 > 水酸基 > アルコール > アルカノール
メタノール
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質編 (NSUB)
読み:メタノール
外語:methanol
品詞:名詞

アルコールの一種。有毒。メチルアルコール。

目次
物質の情報
基本情報
誘導体、関連物質の例
物質の性質
製法

製法は、CO+2H2(触媒:ZnO、高温高圧)→CH3OH。

酸化するとホルムアルデヒドとなり、更に酸化すると蟻酸、最終的にH2OとCO2まで酸化される。

工業的には天然ガス石油のほか、石炭などからも製造される。

用途

大半がホルマリン製造に使われる。

日常的には、化学実験用の燃料(アルコールランプ用など)や、メタノールを燃料に走る車(メタノール車)の燃料などにも使われている。

メタノールは発火しやすく、しかも燃えても炎が見えない(非発光性の帯青色で、見えにくい)ので取り扱いに注意が必要である。

ただ、ライターオイル程の危険性はない。燃えても熱量が低いからである。法的には、低級アルコール類は、400リットル未満であれば危険物にはならない。

毒性

酒の成分のエタノールとは炭素が1個違うだけだが性質が全く違い、猛毒である。飲めば、良くて失明、最悪で死亡する。

エタノールと区別がつきにくいため、戦後しばらくの間、飲用酒に混ぜられていたことがあり、結果たくさんの人が失明した。そんな訳で、化学系では「目散るアルコール」などと呼んだりもする。

エタノールの場合、酸化されてできるのはアセトアルデヒドであるが、メタノールが酸化されるとホルムアルデヒドができる。このホルムアルデヒドが、網膜細胞の壊死を引き起こす。

より具体的には、ビタミンA活性型であるレチナールが本来結合すべき部位に、ホルムアルデヒドが結合する。アセトアルデヒドもアルデヒドの一種であり、同様の反応を起こしうるが、ホルムアルデヒドの方が小さい(立体障害が小さく、反応性が高い)ため、より毒性が高いのである。

また、ホルムアルデヒドはアシドーシス(血液の酸性化)なども引き起こすため、失明のみならず、場合によっては死に至ることもある。

宇宙

この有機物は暗黒星雲などの中からも発見されている。

宇宙全体からみると、ごくありふれた有機物であるらしい。

物質の特徴
安全性

適用法令

危険性

有害性

環境影響
リンク
関連するリンク
ICSC 国際化学物質安全性カード
用語の所属
アルコール
C1化合物
揮発性有機化合物
関連する用語
エタノール
暗黒星雲

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic