通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

少彦名神

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道神様編 (LFOLKESK)
読み:スクナヒコナノカミ
品詞:名
2005/10/20 更新

日本神話天津神。少名毘古那神。神産巣日神(カミムスビノカミ)の子。

非常に小柄で、指の間から漏れ落ちたり栗茎に弾かれて常世国へ飛んでいったりしたという。禁厭やまじない、医療、酒造を司る。大国主神の国造りに大いに貢献した。

用語の所属
日本神話
天津神
関連する神
大国主神
神産巣日神

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club