通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

デネブ・カイトス (βCet)

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名編 (USTLN)
読み:デネブ・カイトス
外語:Deneb Kaitos Janubiyy 英語 , Diphda 英語
品詞:固有名詞
2004/10/10 作成
2006/06/10 更新

くじら座β星(βCet)、16番星(16 Cet)。

ちなみに、ι星もデネブ・カイトスの名を持つ。

カタログ番号HD4128、HR188、SD-18°115。

位置は2000年分点で赤経00h 43m 35.4s、赤緯−17°59′11.8″。実視等級2.05等。スペクトルG9ⅢCH-1CN0.5Ca1型の黄色巨星。

デネブ・カイトスはアラビア語で「鯨の尾」の意で、Al Dhanab al Kaitos al Janubiyy(鯨の南側の尾)を語源とする。尾は二つに分かれていて、このうちの南側を表わすことが語源。区別するためデネブ・カイトス・ジャヌビーともいう。

別名はディフダ(Diphda、Difda)で、「二匹目の蛙」を意味するAl Difdi al Thaniを語源とする。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club