通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

WM_SYSCOMMAND

辞書:電算用語の基礎知識 計算機内部固件編 (TCAPI)
読み:ダブリューエム・アンダースコア・シス・コマンド
外語:WM_SYSCOMMAND 英語
品詞:固有名詞
2013/11/23 作成

Windowsにおけるウィンドウ メッセージの一つ。メニューや、ウィンドウに関する通知メッセージの送受信で用いられる。

UINT型の定数であり、WinUser.hで、以下のように定義される。

#define WM_SYSCOMMAND                   0x0112

引数

Win32/Win64の場合

  • HWND ‐ ウィンドウハンドル
  • UINT ‐ 0x0112 (WM_SYSCOMMAND)
  • WPARAM
    • WPARAM(HIGH) ‐ ?
    • WPARAM(LOW) ‐ システムコマンドの種類 (詳細後述)
  • LPARAM
    • LPARAM(HIGH) ‐ カーソルの垂直位置(マウスで選択された場合のみ)
    • LPARAM(LOW) ‐ カーソルの水平位置(マウスで選択された場合のみ)

返却値

動作

メニューに関する制御が発生した場合に、イベントが通知される。

またアプリケーション内で、SendMessage()を用いて送信することもできる。

システムコマンドの種類はLOWORD(WPARAM)だが、更に下位4ビットも削ったほうが良いらしい。

uCmdType = wParam & 0xFFF0;

LPARAMは、イベントの種類によってはカーソル位置以外が格納されることもある。

用途

  • 0xF060 SC_CLOSE ‐ ウィンドウを閉じる
  • 0xF180 SC_CONTEXTHELP ‐ ポインター(カーソル)を疑問符にする
  • 0xF160 SC_DEFAULT ‐ デフォルトのアイテムを選択
  • 0xF150 SC_HOTKEY ‐ ホットキーに対応するウィンドウをアクティブにする
  • 0xF080 SC_HSCROLL ‐ 水平スクロール
  • 0xF100 SC_KEYMENU ‐ キー操作でのウィンドウメニュー取得
  • 0xF030 SC_MAXIMIZE ‐ ウィンドウを最大化
  • 0xF020 SC_MINIMIZE ‐ ウィンドウを最小化
  • 0xF170 SC_MONITORPOWER ‐ ディスプレイの電源状態を設定
  • 0xF090 SC_MOUSEMENU ‐ マウスクリック操作でのウィンドウメニュー取得
  • 0xF010 SC_MOVE ‐ ウィンドウを移動
  • 0xF040 SC_NEXTWINDOW ‐ 次のウィンドウに移行
  • 0xF050 SC_PREVWINDOW ‐ 前のウィンドウに移行
  • 0xF120 SC_RESTORE ‐ ウィンドウを元の位置とサイズに戻す
  • 0xF140 SC_SCREENSAVE ‐ スクリーンセーバーを起動
  • 0xF000 SC_SIZE ‐ ウィンドウの大きさを設定
  • 0xF130 SC_TASKLIST ‐ スタートメニューを表示
  • 0xF070 SC_VSCROLL ‐ 垂直スクロール
用語の所属
Microsoft Windows
ウィンドウ メッセージ
関連する用語
WM_COMMAND
WM_DESTROY

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club