通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

エペ

辞書:文化用語の基礎知識 戦国時代編 (LHMIDAGE)
読み:エペ
外語:épée フランス語
発音:epe フランス語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

貴族が決闘に用いた刀剣。フェンシングの一種目ともなっている。長さ90cm、重さ0.5〜0.8kg。

エペは実戦用の刀剣とはいうものの、戦争時に用いるのではなく、貴族(又は騎士)達が、その名誉を守るために一対一で行なう決闘において使われた。この決闘は相手にどこから でも血を流させることが出来れば勝ちとされていたため、相手の首や腕を切り飛ばすような凶刃な武器である必要は無く、攻撃力は弱くて良い一方、俊敏性が問われるため、このような軽量の刀剣が用いられていたのである。

エペには13.5cm以下の直径のカップ・ガードと呼ばれる半球状のガードが付いているのも特徴である。

"epee(エペ)" とはフランス語で「剣」という意味である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club