通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

オセアニア神話

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学用語編 (LFOLK)
読み:オセアニアしんわ
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

オセアニアの諸民族においてそれぞれ独自に持つ神話群の総称。

アボリジニでは、混沌とした原初の世界に造化主が現われて大地を造り、動植物を造り組織化した。このため全ての生命は元々一つであり、それらの間の区別は無いとされる。

ナウルでは、老蜘蛛アレオプ・エナプはある日見つけたシャコ貝から天地を創造する。

ニュージーランド・マオリ族では、天のランギと地のパパはしっかりと抱き合っていたのでその間の空間は暗く狭かったが、その子供たちと森の神タネが二人を分離させた。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club