通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

オープン価格

辞書:文化用語の基礎知識 経済編 (LECO)
読み:オープンかかく
外語:open price 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

メーカーが卸価格や小売価格を決めないで出荷すること。

多くの商品は希望卸価格や希望小売価格が設定されており、この価格を基準に商取引が行なわれるのが通例だが、実は再販売価格維持制度(再販制度)で規定されたもの以外の商品販価をメーカーが定価に強制した場合は独占禁止法違反となってしまう。希望価格はあくまで希望でしかなく、この価格はあって無いようなものである。実際、コンビニエンスストアでも無ければ、定価販売している商品は "高い" と言われて売れないという現実もある。

オープンプライスは、このような希望価格を定めず、出荷価格だけを決めて商取引が行なわれるもので、実際の価格は卸や販売店が決める。価格破壊が起こりにくく、大幅な割り引きによってブランドイメージが損なわれないというメーカー側のメリットはあるが、相場が分かりにくいという消費者側のデメリットが大きい点が問題とされる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club