通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

カッシート人

辞書:文化用語の基礎知識 文化編 (LBUNKA)
読み:カッシートじん
外語:Kassites 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

使用言語インド・ヨーロッパ語族で、紀元前2000年頃よりザクロス山地方からバビロニアに侵入を開始し、紀元前1700年頃に王朝を開いた。紀元前1595年にヒッタイトのムルシリシュ1世がバビロンを攻め倒すとバビロン第三王朝を開いた。アマルナ時代はエジプト・ヒッタイトに並ぶ強国であり、アッシリアの王達と姻戚関係を結んでから500年の統治を続け、人々はバビロニアの人々と同化していった。

カッシート人はバビロニアに馬と戦車を伝え、紀年法を案出したと云われている。

関連する用語
ヒッタイト人
アッシリア人

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club