通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

クレイモア

辞書:文化用語の基礎知識 戦国時代編 (LHMIDAGE)
読み:クレイモア
外語:claymore 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

16世紀〜18世紀にかけて、スコットランドの精鋭部隊であるハイランダーが使用したことで有名な両手持ちの大剣。

デザインは極シンプルで、十字型ヒルト(柄)と刃先に向かって緩やかに傾斜したガード(護拳)及びその先端に付けられた複数の輪の飾りが特徴である。

全長1〜2m、刃幅3〜4cmとサイズはマチマチであるが、刀身の刃厚は薄く、弾力性があって、敵を断ち切るというロング・ソードの性格を受け継いだ剣といえる。鎧を重要視しなくなった16世紀以降に全盛した剣であると言うことからも、相手を切ることを重視した剣であると言える。

語源は、ゲール語で「巨大な剣」を意味する、"claidhemohamor" (クラゼヴォ・モル)である。

関連する用語
ロング・ソード

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club