通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ソラブジ

辞書:文化用語の基礎知識 音楽・作曲家編 (LMCOMP)
読み:ソラブジ
外語:Kaikhosru Shapurji Sorabji 英語
品詞:人名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

正確な生没年代は不明。少なくとも、1936(昭和11)年までに多数の作品が書かれていたことは確かであり、1975(昭和50)年に自作の演奏許可を直接一部のピアニストに許可したことも確かなので、20世紀の作曲家として扱うことができる。

伝説が確かならば、父はゾロアスター教徒のイラン系インド人、母はシシリアとスペインの血をひく人物である。

本名Leon Dudley Sorabjiとも言われている。すべてがあいまいなのは作曲家本人が姿を隠しつづけたからである。

異常なほどに複雑なピアノ作品を量産したことで知られる。代表作は演奏時間が4時間ほどに及ぶ "Opus Clavicembalisticum"。

メットネルに対して公私共に極めて大きい支援をしつづけてきたことでも知られる。

関連するリンク
http://www.music.mcgill.ca/~jwapnick/sorabji/sorabji.html
関連する用語
メットネル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club