通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

フルリ人

辞書:文化用語の基礎知識 文化編 (LBUNKA)
読み:フルリじん
外語:Hurrians 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

古代オリエントで活躍した民族。原住地はアルメニア地方とされるが人類学上の系統は不明とされ、また使用言語はセム語族やインド・ヨーロッパ語族はないとされる。

紀元前2000年頃から北部メソポタミアに侵入し、西アジア各地に定住。ザグロス山脈からシリアに至る領土を支配したミタンニ王国の人口の大部分を占め(ミタンニ王国の支配者階級はインド・ヨーロッパ語族とされる)、ヒッタイトにも多数居たとされる。その後アッシリアに滅ぼされるが、フルリ人の文化はシリアやキリキアで大きな影響を持ち、また旧約聖書に出てくる "ホリ人" はフルリ人のことである。

彼らは馬と戦車の扱いに長け、ヒクソスの一部も彼らだとされる。

関連する用語
ヒッタイト人

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club