通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ポストペイ型電子マネー

辞書:文化用語の基礎知識 経済編 (LECO)
読み:ポストペイがた・でんしマネー
品詞:名詞
2011/02/09 作成

後払い方式の電子マネー。あまり普及していないが、利便性は高い。対するはプリペイド型電子マネー

非接触ICカードを用いた、少額決済用のクレジットカードである。

後払いであるため、あらかじめチャージする手間がないのが利点。一方、後払いであることから信用が必要で、クレジットカードと同様に与信のための面倒な手続きや口座開設の必要がある。

普及状況

様々なものが利用されてはいるが、利用可能な場所の数では、次の順序とされている。

iD > QUICPay > Smartplus > PiTaPa

種類

  • iD (NTTドコモ)
  • QUICPay (モバイル決済推進協議会)
  • Smartplus (三菱UFJニコス)
  • PiTaPa (スルッとKANSAI協議会)
  • Visa Touch (Visa)
  • PayPass (MasterCard)
  • eLIO (ソニーファイナンスインターナショナル)
用語の所属
電子マネー
関連する用語
非接触ICカード
プリペイド型電子マネー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club