通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ヤハウェ

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学西洋編 (LFOLKW)
読み:ヤハウェ
外語:YHWH: Yahweh 英語 , יהוה ヘブライ語
品詞:名
2005/04/16 更新

ユダヤ教の全知、全能、全善の絶対神。キリスト教の神とイスラムの神アッラーのルーツであり同一の神である。

古代のユダヤ教には年に一度の贖罪の日に、ユダヤ教最高位神官がソロモン王神殿で10度神の名を叫ぶ伝統があった。しかし紀元前586年にソロモン王第一神殿が破壊されるとその伝統は失われ、紀元前3世紀頃になると "YHWH" の読みはほぼ忘れ去られてしまった。ユダヤ教徒は古代ヘブライ語聖書中の "YHWH" と記述されている部分を "アドナイ(主)" と読んでいる。

その後、読み替えの伝統を忘れていた西暦16世紀以降のキリスト教会で "エホバ" と読まれたが、明らかな誤りである事が現在は知られている。"ヤハウェ" という読みは現代の聖書学者達による長年の研究の成果である。

十戒の第三戒には "神の名をみだりに口にしてはいけない" と記されている(出エジプト記20章、申命記5章)。ちなみに、聖書中には他にも神を表わす語として "エル"、"エロヒム"、"バアル"、"アルト" などがあるが、口語訳聖書ではギリシャ語訳聖書以来の伝統にのっとり "主" や "神" と訳されている。

出エジプト記3章では "わたしはある" の意味と説かれている。これは過去形、現在形、未来形のいずれでもある単語であり永遠性を示している。

関連する用語
エホバ
アッラー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club