通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ヴィシュヌ

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋編 (LFOLKE)
読み:ヴィシュヌ
外語:Visnu 梵語 , Viŝnu/o エスペラント
品詞:名
2005/04/15 更新

ヒンドゥー教の三大神格の一柱で太陽の光を神格化した最高神。ラクシュミの夫。創造のブラフマー、破壊のシヴァと共に、維持を司る三大神の一柱となる。聖鳥ガルーダに乗る。

十の姿のアバターラとして救済のため地上に降りた。全宇宙を3歩で歩いたという。その名は "広がる"(vis)を語源とする。

メール山の中心にあるヴァインクタを居城とし、妻ラクシュミと共に暮らしている。

用語の所属
ヒンドゥー教
関連する神
ブラフマー
シヴァ
ラクシュミ
関連する用語
ガルーダ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club