通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

仏足石歌

辞書:文化用語の基礎知識 文学編 (LLITE)
読み:ぶっそくせきか
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

五七五七七七の形式をとる歌体。

薬師寺の仏足石歌碑には二十一首が刻まれているが、『万葉集』中に一首しか存在しない。このためしばしば暗唱問題に出されることがある。

「伊弥彦 神の麓に 今日らもか 鹿の伏すらむ 皮ごろも着て 角つきながら」

関連する用語
万葉集
短歌
長歌
旋頭歌
連歌

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club