通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

外貨を稼ぐ

辞書:文化用語の基礎知識 経済編 (LECO)
読み:がいか・を・かせぐ
品詞:名詞
2013/03/16 作成

輸出をして外国の通貨の所有量が増えることを言う。

目次

日本の場合は、製品を輸出して、日本円ではなく、輸出先など外貨で対価を得ることをいう。

これは、貿易の黒字、赤字とは意味が違う。

外貨(外国の通貨)を持っていても国内では使えない。

では外貨を稼ぐ利点は何かというと、その国のものを何か購入できるようになるということにある。

米ドルユーロ、英貨ポンドなどは稼げば様々なものが購入できるので、稼いだ国は相対的に豊かになったと言うことができる。

言い換えれば、何も買うものがない国(例えば北朝鮮など)の外貨を稼いでもあまりメリットがないということである。

関連する用語
通貨
外貨

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club