通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

屈折語

辞書:文化用語の基礎知識 言語編 (LLN)
読み:くっせつご
外語:inflectional language 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

単語の文法的な機能を現わすために、単語自体の語形を変化させる言語。印欧語族やセム語族の多くが該当する。

英語の "I am a doctor." (一人称平叙文) が時制によって "I was a doctor." (一人称過去文) や "He is a doctor"(三人称平叙文) となったりする。このように時制や格によって規則的に動詞や名詞の一部が変化したりするものを屈折語という。なお英語は特殊で、性別変化が存在しないため、他の印欧語族に比べ、語変化が比較的少ない。

関連する用語
インド・ヨーロッパ語族
英語

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club