通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

廃仏毀釈

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋編 (LFOLKE)
読み:はいぶつきしゃく
品詞:名詞
2005/04/06 作成
2014/06/04 更新

仏教の寺院、仏像、経巻などが過剰に排斥された風潮。

明治期初期、明治政府は国家元首に、それまでの徳川家に代えて天皇陛下を置いた。

その流れで、国教は日本古来の神道が良いと考えられたため、それまで混在していた仏教との神仏習合を改め、神仏分離令を出した。

政府は、元々異なる宗教である神社と寺院を分けることを目的としていたが、住民運動などがエスカレートして数多くの寺や仏像、経巻が破壊されたり焼かれたりして失われ、多くの僧侶が還俗に追い込まれる例もあった。

さすがに大仏は巨大すぎて破壊できなかったようだが、小型のものはあらかた破壊されたため、数多くの仏教美術が失われてしまったとされている。

関連する用語
神道
天皇
仏教
神仏習合

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club