通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

放送室

辞書:文化用語の基礎知識 教育編 (LEDU)
読み:ほうそうしつ
外語:studio 英語
品詞:名詞
2006/06/13 作成

学校にある特別室の一つで、校内に放送を行なうための部屋。

この部屋には、放送に関わる装置が置かれている。

どの部屋に対して放送するかは、ボタンスイッチによって選択するのが一般的である。放送したい先のボタンを押して、「ピンポンパンポン」と鳴るチャイムボタンを押し、あとはマイクをONして音量を調整しつつ喋る。

放送先は、教室なら学年ごとに切り換えたり、特別室は部屋ごとに選択できたりする。

一般に、授業中には教室に対しての放送は阻止される。操作ミスによって授業の妨害などがあると問題だからである。しかし「緊急連絡スイッチ」という必殺のスイッチがある。本来は火事や地震等が発生した時のみ使用するものだが、これを押せばマイクも自動でONとなり授業中でも放送できる。

授業中は無いにしても、このボタンを押し間違えて、雑談を全校放送させてしまう放送部員は後を絶たないらしい。

関連する用語
学校

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club