通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

日本国憲法第24条

辞書:文化用語の基礎知識 法律用語編 (LLAW)
読み:にほんこくけんぽう・だいにじゅうよんじょう
読み:にっぽんこくけんぽう・だいにじゅうよんじょう
外語:Article 24 of the Constitution of Japan 英語
品詞:固有名詞
2007/03/08 作成
2013/11/28 更新

日本国憲法第3章にある日本国憲法の条文の一つで、家庭生活における個人の尊重と男女平等を規定する。

日本語

条文は次の通り。

第三章 国民の権利及び義務

第二十四条 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

② 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

英語

日本国首相官邸公式サイト掲載の英文(正文ではない翻訳)では、次のようになっている。

CHAPTER Ⅲ. RIGHTS AND DUTIES OF THE PEOPLE

Article 24.

1. Marriage shall be based only on the mutual consent of both sexes and it shall be maintained through mutual cooperation with the equal rights of husband and wife as a basis.

2. With regard to choice of spouse, property rights, inheritance, choice of domicile, divorce and other matters pertaining to marriage and the family, laws shall be enacted from the standpoint of individual dignity and the essential equality of the sexes.

日本の従来からの家制度を否定し、男女が本質的に同権、平等であるということが規定されている。

この条文に基づく法律が民法であるが、夫婦の婚姻や相互協力については民法で多くの条項が割かれ規定されている。

関連法

  • 日本国憲法第13条 (個人の尊重、生命・自由・幸福追求権)
  • 日本国憲法第14条 (法の下の平等、華族制度の否定、栄典)
  • 民法第2条 (解釈の基準)
  • 民法第742条 (婚姻の無効)
  • 民法第747条 (詐欺又は強迫による婚姻の取消し)
  • 民法第752条 (同居、協力及び扶助の義務)
  • 皇室典範第10条 (立后及び皇族男子の婚姻)

前後の条文

日本国憲法第23条日本国憲法第24条日本国憲法第25条

この条文の、GHQ草案は次のとおり。

英語

CHAPTER Ⅲ. Rights and Duties of the People

Article ⅩⅩⅢ.

The family is the basis of human society and its traditions for good or evil permeate the nation. Marriage shall rest upon the indisputable legal and social equality of both sexes, founded upon mutual consent instead of parental coercion, and maintained through cooperation instead of male domination. Laws contrary to these principles shall be abolished, and replaced by others viewing choice of spouse, property rights,inheritance, choice of domicile, divorce and other matters pertaining to marriage and the family from the standpoint of individual dignity and the essential equality of the sexes.

日本語

第三章 人民ノ権利及義務

第二十三条 家族ハ人類社会ノ基底ニシテ其ノ伝統ハ善カレ悪シカレ国民ニ滲透ス婚姻ハ男女両性ノ法律上及社会上ノ争フ可カラサル平等ノ上ニ存シ両親ノ強要ノ代リニ相互同意ノ上ニ基礎ツケラレ且男性支配ノ代リニ協力ニ依リ維持セラルヘシ此等ノ原則ニ反スル諸法律ハ廃止セラレ配偶ノ選択、財産権、相続、住所ノ選定、離婚並ニ婚姻及家族ニ関スル其ノ他ノ事項ヲ個人ノ威厳及両性ノ本質ニ立脚スル他ノ法律ヲ以テ之ニ代フヘシ

関連するリンク
日本国憲法第24条
用語の所属
日本国憲法
日本国憲法第3章

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club