通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

漱石枕流

辞書:文化用語の基礎知識 言語・日本語編 (LLNJA)
読み:そうせきちんりゅう
品詞:慣用句

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

負け惜しみの強いこと。

支那・晋時代の孫楚が「石に枕し流れに漱(くちすす)がん」と言うところを「流れに枕し石に漱ぐ」と言い誤ったのを聴いた王済が指摘したところ、孫楚は「流れに枕する理由は雑言を聴いた耳を洗うため、石に嗽ぐ理由は悪口を言った口を洗うため」と答えたことに由来する。自分の間違いを認めないでこじつけでその間違いを正当化したことから、負け惜しみが強いという意味になった。

文学者、夏目漱石の名前の由来ともなった。

関連する用語
夏目漱石

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club