通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

灌仏会

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教用語編 (LFOLKEBY)
読み:かんぶつえ
品詞:名詞
2005/04/06 作成
2018/07/10 更新

降誕会の別名の一つで、釈迦の生誕を記念する仏教のお祭り。潅仏会。花祭りともいう。

釈迦の誕生日は諸説あるが、日本では陰暦4月8日(卯月八日)とされている。

このため、現在の日本では新暦の4月8日に誕生を祝っている。

寺では、花御堂をつくり、そこに赤ん坊の釈迦像を立たせ、その釈迦像に頭から柄杓で甘茶を注いでお参りする。

これは釈迦が生まれたときに述べた「天上天下唯我独尊 三界皆苦我当安之」(誕生偈)に感激した天の龍が甘露の雨を降らせ産湯を使わせたという故事に因んだもので、その時の釈迦(右手を上、左手を下に指した釈迦像)や風景(花御堂)を模して催される。

用語の所属
仏教
関連する用語
花祭り
釈迦
卯月八日
降誕会

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club