通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

王舎城

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教編 (LFOLKEB)
読み:おうしゃじょう
外語:Rajagraha 梵語
品詞:その他地名
2005/04/06 作成
2005/04/08 更新

紀元前の古代インドにあったマガダ王国の首都。梵名ラージャグリハ。インド内でも指折りの強大国であり、文化にも経済にも栄えた。現在はラジギールと呼ばれている。

仏教の開祖である釈迦が最も長く滞在した町でもある。この町に霊鷲山がある。釈迦がいた頃の国王は頻婆娑羅(びんばしやら)王や、阿闍世(あじやせ)王だった。

用語の所属
仏教
関連する用語
釈迦
霊鷲山
頻婆娑羅
阿闍世

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club