通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

異端審問

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学西洋編 (LFOLKW)
読み:いたんしんもん
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

キリスト教会が異端摘発のために設置した裁判のこと。初期の教会における異端審問は最高刑罰として破門を言い渡していたが、13世紀になると教皇権による審問が行なわれ、最終的に極刑として火刑が用いられるようになった。

主にその犠牲となったのはカタリ派に代表される異端と、魔女の疑いをかけられた者たちであった。

用語の所属
キリスト教

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club