通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

礼拝 (イスラム)

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学西洋編 (LFOLKW)
読み:れいはい
外語:Salah アラビア語
品詞:名詞
2007/04/10 作成

イスラム教五行の一つで、一日に五回行なわれる。

イスラムでは毎日五回の礼拝が捧げられるが、捧げる時刻は次のように定められている。

  • 暁の礼拝(ファジル)
  • 正午の礼拝(ズフル)
  • 午後の礼拝(アスル)
  • 日没の礼拝(マグリブ)
  • 就寝前の礼拝(イシャー)

この他に、週に一度(金曜日の午後)の集団礼拝(ジュムア)もある。

礼拝はメッカのカァバ神殿の方向(ギブラ)に向いて行なわれる。

その動作は立礼と座礼で、終了時には同胞の平安と幸福を願い、右と左に顔を回す。

関連する用語
イスラム教

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club