通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

禁則文字

辞書:文化用語の基礎知識 出版用語編 (LPUBL)
読み:きんそくもじ
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

行頭や行末に来ると、体裁上不適当になったり、読みにくくなる文字のこと。代表的なものとして、句読点や括弧などがある。

禁則文字は二種類あり、行頭禁則文字と行末禁則文字がある。前者は行頭に来ては困る文字を指し、後者は行末に来ては困る文字を指す。

禁則文字の例
行頭禁則文字
、。,.・:;?!ヽヾゝゞ々ー’”)〕]}〉》」』】°′″℃¢%
行末禁則文字
‘“(〔[{〈《「『【¥$
関連する用語
禁則処理

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club