通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

稲羽の素兎

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・神道編 (LFOLKES)
読み:いなばのしろうさぎ
品詞:名詞
2005/10/20 作成

日本神話のうち、出雲国の物語(出雲神話)に登場する兎。因幡の白兎。

隠岐島にいた兎は、因幡の気多岬へ渡ろうとした。そこにいた鰐と鮫を騙して並ばせ背中の上を歩いて行ったが、企みがばれて皮を剥がれてしまった。

現われた八十神(ヤソガミ)にデタラメを教えられ傷は悪化したが、やがて大国主神が現われて治療を教わり救われた。

兎は喜び、大国主神は八上比売と結ばれると予言し、後に二柱は恋に落ち結婚することになる。これが稲羽の素兎伝説である。

用語の所属
日本神話
関連する神
八十神
大国主神
八上比売

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club