通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

縁日

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教用語編 (LFOLKEBY)
読み:えんにち
品詞:名詞
2005/04/07 更新

仏教における霊験あらたかな礼拝の日のこと。仏に最も縁のある日。他の日に参詣するよりも功徳が高いとされる。例えば元旦の観音参詣は100日の参詣と同じ利益があるという。

主な縁日は、毎月8日と12日は薬師、15日は阿弥陀、18日は観音、24日は地蔵となっており、特に盆の縁日は重要である。

また寺院の前には参拝者を相手にした露店が集まり、江戸時代末期以降はその習慣が一般化した。

用語の所属
仏教

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club