通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

閻浮提

辞書:文化用語の基礎知識 民俗学東洋・仏教用語編 (LFOLKEBY)
読み:えんぶだい
外語:Jambudvīpa 梵語 , जम्बुद्वीप 梵語
品詞:その他地名
2001/07/01 作成
2009/05/15 更新

仏教的世界観(古代インドの世界観)における、全ての衆生が住む世界全体のこと。

古代インドのバラモン教やジャイナ教にも見られるが、仏教では須弥山の南に位置する大海の中にある大陸である。四つの大陸があるとされ、そのうち南にあるのが閻浮提とする。

閻浮提は北向きに逆三角形をしており、インド亜大陸を反映している。

用語の所属
仏教
関連する用語
娑婆

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club