通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ノッキング

辞書:国土用語の基礎知識 車編 (ECCAR)
読み:ノッキング
外語:knocking 英語
品詞:さ変名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

エンジンの異常回転(燃焼)のこと。ガソリンエンジンなどの内燃機関のシリンダー内で発生する、燃料・空気の混合気の異常爆発。

エンジンのパワーは、気化ガソリンと空気の混合気を燃焼させることにより起こる気体の熱膨張より得る。この時、より効率的にパワーを得るために燃焼室内の気体を圧縮していて、圧縮率が高いほどパワーを得やすい。

しかし、オクタン価の低いガソリンでは圧縮率を高めるだけで、正常に燃焼する前に自然に爆発する現象が起こり、金属を叩くような打撃音を発する。これがノッキングである。

燃料のオクタン価が高いほど起こりにくい。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club